2006年 09月 15日 ( 1 )

マダガスカル旅行記2

c0087481_21375556.jpg       
 6月8日 夕刻 アンタナナリボに到着。
ノシベから、首都アンタナナリボまで大体1時間半のフライト。

空港に到着したらタクシードライバーが、営業に来る。


時間がもったいないので、値段交渉もほどほどに、市内のヒルトンホテルに向かう。

なんとも不思議な光景。見たこともないミックステイスト。
アフリカなのに、大分アジア系に近いわりと小柄な人達。
小さい商店の壁は、ピンクや黄色、ブルーなどでとってもカラフル。
小さい小窓に、お菓子、たばこ、パン、お肉などが並ぶ。
その商店が、道沿いにずっと並ぶ。
そして、老若男女問わず、人がごった返している。

とっても興味深くノシベとは、全く違う雰囲気。

ヒルトンにチェックインにするやいなや、日が暮れる前の町へ、
旦那様と繰り出した。



湖のほとりで子供達がサッカーをしている。
公衆トイレのようなサイズの木材の建物が並んでいる。
なんとそれら全て床屋さん。かわいらし~~!

私達が除いていたら、店主とお客が、笑顔をくれた。

写真は、旦那様が撮ってたので、
私は撮ってなくて、紹介できなくて残念。

暗くなってきたので、マダガスカル料理を出してくれるレストランへ。

c0087481_2212038.jpg


お魚料理 これはクリームソース系で、マダガスカル料理というより
お馴染みの味。c0087481_2215169.jpg

ミサオというスープ。代表的なスープで、野菜たっぷりで美味しかった。
c0087481_22162336.jpg

二人でお腹いっぱい食べて1000円くらいだったかな。

帰りはボロボロのシトロエンのタクシーを捕まえて、ホテルへ。
ちなみに治安はいいです。

次の日は、朝早くから、今回の旅行のメインイベント、バオバブの地、モロンタバへ向かう。
ではまた 次回★
[PR]
by matirda_mi | 2006-09-15 22:25 | 旅行