2006年 08月 29日 ( 1 )

お別れのとき

8月27日、8時にお店、閉店。


7月1日、お客さんにお店を8月いっぱいで閉店すると連絡。
7月たくさんのお客さんが訪れてくれた。

8月は、残り一ヶ月、頑張ろうと思ったら、あっという間だった。


最後の1週間は、感慨深いものがあった。
1ヶ月をきって、週末に毎週来てくれた方にも感謝。
お花やプレゼント、お手紙、激励の言葉をたくさんいただいた。


お店のスタッフさんに、県外の同業の買い付け仲間。
一緒に残業を手伝ってくれた友達。
打ち上げに来てくれた人達。
最後の片付けを手伝ってくれた友達。

携わった方に、ありがとうと言いたい。

今は〔お店〕という学校を卒業した気分。
お店生活は、今までのステージで、一番学習することが多く、
一番楽しく、一番、自分のことが好きになることができた時間。

たくさん頑張って種をまき、たくさん実をならせ、たくさん収穫した。
収穫祭は、とても充実したものだった。

人生の種まきの方法を、ちょっと勉強できたかな。
次のステージでは、もっと上手に種まきがきっとできる。
そして種まきから、収穫まで、楽しむことが大事と思う。

お客さんが言ってくれた。
次は種まきからしなくても、
ワタゲで飛んでくるかもねって。

たくさんの人に、〔ココに来ると元気が出る。〕
と言ってもらえたことが、
次の目標の原動力だ。
ずっと、人に接する笑顔がある場所でお仕事なり、生活なりしていきたいな。

そして何より、私には第二の人生、旦那さまとの生活が始る。
ずっと応援してくれ、いつも公平な正確なものさしで、いいアドバイスをくれた旦那様。
これからも宜しくお願いします。

ちなみにうちのダーリンは、私のブログアドレス知りません。

皆様、長い間、ご愛顧どうもありがとうございました。
また、ネットショップもするので、宜しくお願いします。
c0087481_21295067.jpg
前のお店の記念すべき最初のお客さんから、最終日にもらったお花。


全部、紹介できなくてすみません。

c0087481_2132244.jpg
ライブまで招待してもらい、ファンになった瀬木さんのCD。Yさんと共有できるものができてよかった。

ワタゲのお話をしてくれた彼女の作品。
c0087481_21355747.jpg


c0087481_136418.jpg
スカートが私のお陰で好きになったと、言ってくれた彼女がくれたCD
[PR]
by matirda_mi | 2006-08-29 21:47 | FEEL