卒園、入学の季節ですね

c0087481_9135444.jpg
やっぱり大分、放置してしまいました。
久しぶりのアップです。

息子君、この春に保育園を卒園して
無事に小学校に入学しました。

保育園、卒園式の時も、最後の日も、あっけらかんと
していたけれど、、、

昨日、保育園の近くを通ったから、前を通って帰ろうか、って

ことになり、

そん時の写真がこれです。

思い出が駆け巡ったのか、感慨深そうに
園生活を、話し始め

明日、1日だけ小学校、休んで保育園に来ていい?

と聞かれました。

仲良かったお友達とも、お別れになって
会いたいな〜て、言ってました。

成長を嬉しく感じたり、手を離れて行くさみしさを

私自身も感じていたけれど、

子ども自身も、楽しくスタートした学校生活の裏に
こういう気持ちもあり一緒なんだな〜。

小学校に行くようになって、一気にお兄ちゃんに
なった気がしてたけど、

急に抱っこして、よしよししたくなる瞬間でした。
[PR]
# by matirda_mi | 2014-04-14 08:34 | 子育てのこと

おもうこと

年が開け、1月も過ぎ、もう2月に突入しました。

年賀状を皆様からいただき、ブログを見ていると連絡を受け、ほったらかしてた事に気付きました。

パスワードも忘れてて、焦った焦った。
2月に入ったけど、皆様はいかがお過ごしですが?

私は、今年は39歳で過ごす訳ですが、30代のけじめをつけたいような気がしてます。

20代、がむしゃらに働き、仕事以外の大切な事を、置き去りにしたような感じもします。

30代、子育てからの、仕事と家事、育児のバランスを模索したような気がします。
仕事は、20代の自分の恩恵を受ける形で、新しい出会い、コミュニティーが築け
かけがえのないものを与えてくれました。

30代は、私にとってどんなものだったのかな〜〜。
1年で答えを出そうとは思わないけれど、何か40代に向けて指標が見つかればと思ってます。

子供も春から小学生。

色んな事が楽しみです。

大切な物がどんどん変わってくる。

10代の訳の分からぬプライド
20代の暴走しすぎの仕事への執着
30代の家族

仕事はずっと、続いていたけど、

売りたいもの、お客さんとの関係も、求めるものが変わってきた。

今の流行りにこだわりたかった20代のお店作りから
30代、近所の皆様の憩いの場所になりたいと感じ、お手軽に買えて、満足感を
感じれる空間や接客がしたいと思い

今日この頃はですね〜〜〜

フェアトレードをもっと強化したいと思ってます。
微力でも、流通がフェアトレードになることは、意味があると思う。

実際、お値段のいいものもあるけど、少し、買いやすい大量生産の物から
手仕事の暖かみや、素材の持つ風合いの良さなど、
手間暇かけた愛情がこもったお茶やコーヒー、チョコレートの美味しさも皆さんに
紹介していきたいと思います。

発信を少しこういう方向で30代最後の年、やれたらいいなー。
同じような感覚を持ってる人と、もっと会いたいし、もっと一緒に何かしたいと。

もっともっと、日々、楽しい事や、目標に向けて歩けるような気がしてます。

大量生産の消費と、毎日、何となく過ごす、時間に追われてる一日の過ごし方も
何か似てる気がしてきました。

物選びをもっと、楽しむ事も大切。
食材1つ選ぶにも、安さを基準にするのでなく
美味しく食べるイメージをもったり、食べる人の顔を想像したり、大切に食べようという意識
だったり、

それを楽しめたら、毎日、今よりもっと楽しくなりそう。

久しぶりのアップは、長文でしたが、次回もパスワード忘れないうちにアップします。

今年は、どんどん興味のある事を、素直に取り入れて行こうと思ってます。
どうぞ皆様、よろしくです。
[PR]
# by matirda_mi | 2014-02-03 15:01 | 日記

-summer sonic 2013

c0087481_148596.jpg


昨日、サマソニに行ってきました。
毎年、行きたいなーと言いつつ、なかなか子供は誰が見るのか、チケットは取れるのか?
なんだかんだ
現実味がないまま、通り過ぎてく自分には行けないと思っていたイベント。

今年は、中学時代から好きなシンディーローパーも来るって言うじゃないの!!
子供も少し手が離れてきたし、タイミングがきたんじゃないの〜〜。

毎日、J−WEBを聞きながら仕事をしてるけど、先行販売の案内が流れて、即座に電話してしまいました。

行く人も決まってないけど、とりあえず2枚購入。

そして、昨日を迎えて、シンディが出てきた時には、涙が出てきました。

TIME AFTER TIMEも、All Through The Nignt も聴けた。

もう24年も前に聞いてたものです。All Throu The Nignt を初めて聴いた時の衝撃が

生ライブであの時以上の感動が体に走りました。

何度も何度も聴いた曲。 

過去に投げた石の波紋が時をかけて自分の中で広がって、昨日、目の前で見て聴いて体感したことは
夢のようでした。

時を超えてきた。

私は中学時代から、色んな事が変わった。
でも昔も今も、あの歌声は心にガツンとくることは
変わってないなかった。


シンディーは優しくてチャーミングで、パワフル!!ステージの上からだって、感じ取る事が出来た。


眠っている私の好奇心や、鈍くなってる行動力、物事を見る先入観、

もっともっとたくさんの可能性を広げていけるような希望を持たせてくれるような存在でした。

とてつもなく大興奮した一日でした。

あてもなく二枚取ったチケットに、乗っかってくれた友達、私にシンディーを紹介してくれた人、
昨日の環境を作ってくれた人達に感謝します。

前後のCARLY ARE JEPSONでも炸裂して、EARTH WIND & FIRE で、完全燃焼しました。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-08-12 14:08 | ハッピー出来事

選挙

いよいよ明日は選挙。

私なんて選挙を語れるほど、今までずっと選挙に行ってた訳でもない。

とりあえずここでいいかな。って、感じで票を入れた事もある。

かといって、今の政治が自分に無関係ではなく、自分のとった行動の1つの結果でもある。

今更、すごく関心あります。みたいにするのも、腑に落ちません。


そんな私が最近、選挙について考えさせられたのは

原発のこと。

FBから、やってくる三宅洋平さんの存在。

果たして、どんな人なんだろう。

自分なりに調べてみました。

まずは知ることが大切じゃないかと。

情報はある程度、都合のいいように集めれば、都合のいいように受け止めれる物を
作れると思う。

裏側も、裏から見れば表になる。

色んな角度から、物事は見れる。

そう思ってる。

でも、自分で感じる事、自分で納得する事、大切だと思う。

私が言える立場じゃないけど、知ろうと思う事、色んな角度から見る事が
大切だと思います。

納得のいく人を自分なりに見つけて、みんなが選挙に参加出来るといいなと思います。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-07-20 15:14 | FEEL

しっかりもの

息子がスイミングに行く日は、2時半に保育園に迎えに行くことになってるけど、
いつも遅刻して、
2時40分になってしまう私。

息子に、2時15分に迎えに来る予定にして、15分から30分の間に迎えにきてね。そしたら、大丈夫でしょ。


と提案された。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-07-17 15:27

最近の私たち

7月に入って、一気に夏がやってきた。夏は、やっぱり苦手や〜〜〜。

ちょっと動くと、カラダがベタベタ。

は〜〜〜〜。今日も猛暑です。

久しぶりのアップですが、確実に月日が経ってますね。

子供は、もうお泊まり保育に行くし、一人でお泊まりだって、問題なし。

夏休みは、じいじとばあばのとこで、1週間ステイの予定。

昨日は、クレヨンハウスで、ゲーム売り場で、おじさんが営業でたくさんゲームの紹介をし、

子供が飽きないように遊んでくれて、

ゲームを買った訳ですが

帰りには、

「あのおじさん、買って欲しいから、いっぱい遊んでくれたんじゃない?」

なんて、もう可愛くないことも、言っちゃいます。

でも、一昨日、洗い物、誰かしてくれないかなー?ってぼやいたら

やって上げる!!

と言って、

シンクに、踏み台を持ってきて、晩ご飯の洗い物をやってくれました。

しかも、丁寧で、上手!!

ひらがな書いて、数字を計算出来て、

「そう言えば....」
「ところで....」

なんて言い出した頃から、また、彼は色々、成長し続けてます。

生意気言って、かわいくないこともあるけれど、

きっと、それでも 今しかない子育ての時間なんですよね。

打って変わって、私。

最近、整理整頓を心がけております。

忙しい日常に流されてると、お部屋がごったがえしてくる習性を持ってます。

週に一度の、お友達のクリーニングサービスのお陰で、大分、日常のお部屋のクリーン度が

上がってきました。

予定を見直したり、明日の段取りしたり、忙しい時ほど、おろそかになるんですが

やることやってから、できる大人になりたいです。今更ながらですが....

大人って、小さい時に、もっとしっかりしてたように思ったんだけどなー。

そして、旦那に後ろ姿が完全におばちゃん  なんてことを言われてます。

夏に向けては、もう遅いですが、ちょいとダイエットも頑張ろうっと。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-07-08 14:48 | 子育てのこと

インド旅行

c0087481_1112356.jpg

c0087481_111235.jpg

c0087481_1112395.jpg

c0087481_111236.jpg

c0087481_1112388.jpg


今年の2月にインドに家族で行ってきました。

息子を連れて、やや不安だったけど、今までには見れなかったものが、彼も見れたような
気がします。

デリー、ジョードプール、ジャイサルメール、アーグラーの4都市に滞在しました。

帰ってきて、インドのことをよく思い出しました。

ニュースでも、女性の強姦事件が起きたり、テロがあったり。

インドに行ったら人生観、変わる!!とか、そんな簡単なものではなくて、

インドでは、自分の今の生活をいい意味でも、悪い意味でも、深く考えさせてくれるものがありました。

インドと言ったらガンジス、みたいなところが多少なりともあると思うけど、

私は行く先々で、出会った人から、たくさんのことを、受け止めたと思います。

日本では、いろんなことが仕分けされていて、なんでも平均化してるのに対して

インドでは、高級住宅街のすぐ横に、電気もガスもない小屋のようなところで、学校にもいってない子どもたちがいて、

時間だって、100メートル先と、今いる地点が同じ時間が流れてるように思えない場所もある。

貧富の差が、あそこまで混じり合った国は、初めてだった。

バリ島で、しばらく若い頃いた時に、たくさん街にある綺麗なレストランが地元の人のためでなく、観光客向けにあるものだと気づきました。

現地の人が行くには、1か月のお給料分くらいの対価になるのを聞いたときに、すごく切ない気持ちになったのを覚えています。

まだバリ島では、その現地の人たちが、なんらかのハプニングで、そのレストランに入ることも珍しくなかった。

でも、インドでは、私たちの時間、私たちの出入りする場所に、現地の人が迷い込むことはない。と、はっきり

ガイドブックに書いてあるのを見て、すごくショックでした。

その辺にいる子供も、それをもう知ってるかのように感じました。

私たちも、日本にいて、人と自分を比べたりすることがあると思うけど、そんなレベルじゃない。


でも、自分が何者か、今でも模索してる私に、自分を知ってたくましく生きてるように見えたインドの
人たちはたくさんいた。


それから、子どもを、2人亡くしたという人がいた。

日本だと、医者のせいにしたり、何か原因を追究したり、そういう方向に視線がいきそうなところを

もっと、天命として受け止めてるような気がしました。それは親だから、つらいのは絶対だと思います。

だけど命は、本当は人が決めるものじゃないという、シンプルなところを、深く理解してるように感じたのです。


手足の不自由な人が、市場で、商売をする家族の横で、あおむけに寝かされて、歌っていました。

商売に来ないと、ご飯が食べれない。

その人を、一緒に連れて行かないと、見る人がいないから、連れて行く。

シンプルだけど、日本では考えにくいことです。

専門的なところでケアされてたり、家で見る場合は
働きに出れなかったり、

インドでは仕分けされず、みんな共存してるように感じました。


本当は、家族で支えあって、昔はみんな暮らしてたんだろうなーなんて、

今、日本の核家族で障害者をケアすることは、本当に厳しいことだと思う。

でも、昔は、みんなこうだったんだろうなとか、

まだカースト制が残っていて、女性の立場も、まだまだ見れてないとこは

いっぱいあるんだろうけど、


何かあったら、助けてくれそうな雰囲気が街にもあったし

みんな、あの雑踏の中、共存してる感じがすごくしました。

私も人と自分を比べたりすること、20代はよくありました。

30代に入って、やっと自分のペースでいいと
思えるようになってきたけど

インドに行って、さらに自分は自分でいいんだと思えるようになりました。

自分を知って、一生懸命、生きるってことが、本当に大切なんだと感じるものがありました。

もっともっと本当は、シンプルなものがメッセージ。


日本で、人に迷惑をかけないように。と育てるのに対し

インドでは、あなたも人に迷惑をかけて生きてるのだから、あなたも人を許しなさいと教育されるらしい。

同じことのようで、意味合いが全然、違う。

言い方を変えると、迷惑かけないから、かけないで、と日本では教えてるように聞こえるけど、かけずに生きてける人なんていないと思う。

インドの旅行は、、疑問が出たり、感じたり、浄化されたり、まだまだ出てきそうです。

でも、インドに行けて本当によかったです。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-04-29 01:11 | 旅行

友近

友近は、好きなんやけど、DHCの宣伝でまた、マイナス8、8キロとか、出てたけど、
やせたり太ったり、どこを基準に量ってるの?そして、そんなにリバウンドする商品って、どうなん?て、思うんやけど...
[PR]
# by matirda_mi | 2013-04-22 14:45

五歳児

お仕事中に、たくさんの乳幼児に会っては、息子にもこの時期があったはず、と思いますが、成長にふとびっくりすることがあります。

とは言え、仮面ライダーベルトを腰に巻いて、恥ずかし気もなく、意気揚々と公園に行ってます。

周りに五歳児が集まってきて、ベルトに群がりはじめ、らちがあかなくなってきたので、退散しようと促すと、嫌がる息子。


遠巻きに見ていた、それまた五歳の女の子が、私の所に来て、

『2・3分、待って遊ばせてください。そうしたら、気がすむと思います。』


ベルトを腰に巻いて意気がってる息子に対し、女子の大人な対応に、

驚愕でした(笑)

お店にも、今年、入園した3才児がたくさん、ママと来てくれますが、子供にいい子、悪い子もなくて、個性が豊かでいいなと思います。

もちろん、相性はあると思いますが、親も、周りも、

子供を1つの型に、入れようとしないで、

色んな子供がいていいと、少し余裕を持てればと、

私も含めて想います。

個性剥き出しの我が子、彼もいいとこいっぱいです。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-04-15 20:49

ほくろ手術

昨日、仕事をちょっと抜けて、先日話したほくろを、除去してきました。


おとっちゃまなもんで、お客さんに聞くと、結構、みんな経験済みで、びっくり。

麻酔なしで取った人もいるし。

手術は、10分程度で、洋服の話、若い時に流行ってたアイドルの話とかしてたら、あっと言う間に終わった。

でも、実は抜糸までにも、びびってる私です。

全然、平気と言う方もいる中、この年になって、採血一本の注射さえびびる私は、本当に小心者です。
[PR]
# by matirda_mi | 2013-03-30 09:20